陶への想いThought to pottery

茶入

中学生のころは考古学に興味があった。

縄文土器の紋様・造形すべてが私を虜にすべく新鮮さを持っていた。

やきもの作りのベースの一つである。

鈴木五郎氏との出会いは29歳の私にとって鮮烈で、挫折した人生の再出発のエネルギーに十分なり得た。

土もなく窯業地でもない郡上で窯焼き(瀬戸では陶磁器を作ることをこう呼ぶ)は無謀に限りなく近い冒険だった。

孤独な窯焼きではあったが何とか継続できたのは、鈴木五郎氏の教えと私を支援してくださった方々のおかげである。

茶道を知ってやきものが奥深いものとなり、多くの人と出会うことができた。

私のやきものは今、はじまったばかり、織部の世界、オブジェ、究極の志野など無限の道程である。

窯焼きの仕上げは火の洗礼である、1300度になった窯の中は眩白色になり幻想の世界、多くの人に見せてあげたい。

Around the middle school was interested in archeology.
Modeling and patterns of Jomon pottery had freshness.
it was enough to captivate me.
It is one of the base of my pottery making.
Around the age of 29.
I met with Mr. Goro Suzuki frustrated.
For me it was a spectacular encounter.
It was a source of energy for when I start a new life.
Gujo is neither earth, and no pottery clay.
I started a KAMAYAKI there.(KAMAYAKI is Japanese pottery making)
It was adventurous, it is very close to the reckless.
KAMAYAKI was a lonely but somehow continued
because Goro Suzuki's teachings and Thanks to everyone who is helping me.
Then, by knowing tee ceremony, the YAKIMONO world became deeper 
and were able to meet many people.(YAKIMONO mean Japanese pottery)
I celebrated the sixtieth birthday but, YAKIMONO now just begun.
Oribe world, objects, the ultimate Shino, etc ...
It is endless journey.
KAMAYAKI finish is a baptism of fire.
2700 degrees Fahrenheit in the kiln will be changed into a white sparklingfantasy world.
I think I showed it to increase to many people.